09.8.2014

お店やホテルなどのカラーガラスなら東和交易のサイト

お店のファザード(入口)付近には多くのガラスが張り巡らされています。それは外側から店内の様子がある程度見えるように施されているからです。全く店内の様子が分からないお店だと、初めて訪れるショップとしては入るのにかなり抵抗があるからでしょう。

このガラスは一般的に透明なものが多いのですが、最近ではカラーガラスを使った店舗も増えてきているようです。そして紫外線をカットする機能を持ったカラーガラスなども発売されるようになってきました。このようなカラーガラスを取り扱っているのが東和交易です。公式ホームページはこちらカラーガラスの参照サイト>東和産業株式会社

断熱性に優れた色ガラスなど、世界初の機能性の高いカラーガラスは東和交易へお任せしてみませんか。様々な用途に適したカラーガラスを用意しており、お客様の状況やニーズに合わせて理想的な商品をご提案しています。カラーガラスはお店のファザードの他、ホテルやショッピングモール、そして家具の扉や、電化製品の仕上げ材としても使用されています。

さらに一般家庭のキッチンや浴室、寝室などにも多く利用されるようになりました。予算の関係など、お客さまの状況に合わせた格安カラーガラスも取り揃えているのでお気軽にご相談いただけます。このサイト内では製品のご紹介はもちろん、施工事例も多く掲載しております。ぜひサイトをご覧になり、参考にされてみてはいかがですか。

08.31.2014

流通コストは会議してでも見直すべき

http://www.nippon-logistech.com/purpose/improve/製造や販売業をしている業者の責任者は知っておくべき事があります。それは物流ルート選びで大きく事業評価が変わってくるということです。丁寧にすばやく製品を運んでくれる業者選びを行ないませんと、取引先で大きなトラブルを作ってしまうことになりかねません。その責任は物流業者が原因だとこちらとしては思いたいところなのですが、被害を被った側としましては粗悪な物流業者に任せたほうも共犯者と思ってもおかしくはありません。

卸売りの事業を行なっている会社から聞いた話なのですが、物流については定期的に改善できないか会議を開く事も珍しくないそうです。納期ギリギリの納品であっても、業者が素早く届けてくれるように改善できるのであれば、取引先に迷惑をかけることはありません。その為に契約している物流業者を何度も変更すべきか吟味しているようです。また物流業者変更はコストダウンに繋がる場合もあります。総合的に一番自社の役に立ってくれるところを見つけるのが重要なのです。

たとえばこちらの物流業者の場合は、幅広い対応を行なってくれますので業界からの評価が高いです。いずれにしても、しっかり仕事を行なってくれる業者に自社製品の配送を頼みたいところです。
こちら

02.27.2013

業務管理ソフトの賢い使い方を解説します

今回は、業務管理ソフトのかしこい活用法について紹介しますね。
業務管理ソフトとは、財務会計、給与計算、販売管理、在庫管理などをトータルでサポートしたり、介護請求ソフトのように業種に特化したサポートをするなど、業務を効率的にこなすためのアプリケーションソフトウェアです。
業務管理ソフトにはさまざまな種類があります。見積書・納品書・請求書・領収書などの帳票を作成したり、販売管理をする販売管理や、社員やアルバイトなどに支払う給与や賞与の計算、管理をする給与計算などがあります。
ASPで(クラウドタイプ)で使用することで、ネットワーク環境とブラウザがあれば、どこでも利用できて便利ですし、また、ASPで(クラウドタイプ)で使用することで、事務内にサーバーがなくても一元管理ができます。実際に購入 する時の気をつけたいポイントとしては、コンピュータに対し、負荷がかかりすぎることがあるので導入前に負荷の状態について調査しておくとよいでしょう。
その次に、いいかげんなセキュリティ管理をされることがまれにあるので、ASPで利用する場合、セキュリティ関係を業者にゆだねることになるため、どのようなセキュリティ対策を行っているのか事前に確認しておくのも重要でしょう。
業務管理ソフトは、業務を無駄なく管理し、経営戦略にも役立てたいという方には特にオススメできますが、サーバーにトラブルが発生したりネット障害が起きたりすると、利用できなくなるので、ASPで利用することはやめて下さい。

メリットならERPコンソーシアムGRANDIT公式サイト
grandit.jp